永久脱毛の定義って知ってる人は意外と少ないんです。

 

永久脱毛の定義って?

永久脱毛の定義って?
永久脱毛
女性にとってムダ毛の処理は身だしなみの一つ。
処理にかかる手間を考えると「永久脱毛」という響きは魅力的ですね。

 

でも注意してほしいのが、永久脱毛したからと言って
「一生」ムダ毛が生えてこないわけではないんです。

 

日本ではまだ定義がありませんが、美容先進国アメリカでは
「永久減毛(permanent hair reduction)」と定義し、
「レーザーを3回照射後6か月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態」と定めています。

 

日本の厚生労働省に当たるアメリカのFDA(Food&Drug Administration)は
この概念でレーザー脱毛機の認可を行っています。

 

日本の医療用レーザー脱毛機は輸入品がほとんどですから
この概念が広く支持されているのです。

 

これを踏まえた上で、永久脱毛に最も近いのが「ニードル脱毛」という方法です。

 

電気針を直接毛根に刺して、電流を流した熱によって毛根にダメージを与えます。

 

1本ずつ確実に処理するので、
レーザーや光を当てる方法よりも脱毛の効果が高くなります。

 

エステサロンより高額になりますが、医療機関では、
麻酔をかけられるので痛みも少なくアフターケアも万全です。

 

とは言ってもサロンやクリニックで脱毛を受ければ、
どの方法でもほとんどのムダ毛は目立たなくなります。

 

自身の体質、目的や予算に合わせてサロンやクリニックを選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

サロンでの永久脱毛(口コミ体験談)

ワキや脚や腕など、一部分のみの永久脱毛はとても安くできるようになってきました。

 

サロンの方にお話を伺ったときに、プロモーションの一環なので
気に入ったお客さんに別の部位の施術も受けてもらいたいから、
低価格で提供されているという話でした。

 

私もワキの永久脱毛をサロンで行いました。
勧誘がなく予約がとりやすいという噂を耳にしたので、
ミュゼの池袋店に通っていました。

 

実際に施術を受けての感想は、永久脱毛を行ったからといって
本当に永久に毛が生えてくるわけではないんだな…ということです。

 

それについては施術前にサロンの方から説明があったので
納得していたので問題はないのですが、たまに毛が生えているのを発見するので
油断せずに時々は確認をしないといけないなと思います。

 

ただ生えてくる毛量や質が脱毛前とは違い、すんなりとピンセットで抜くことができるので
抜いた後の肌も荒れずつるつるのワキになります。

 

結果的には、やはり永久脱毛を受けてよかったと実感しています。